FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
バナナ大好き!バナナカステラ? (大阪市・釣鐘屋本舗)
えーと、ワタクシきなこはバナナ好きなので、
バナナのお菓子も興味津々です。

今日のお菓子は、残念ながら現地調達ではなく、
三越の全国銘菓コーナー「菓遊庵」で入手。
大阪市浪速区の『釣鐘屋本舗』さんの”芭蕉”というお菓子です。
20060611001551.jpg


バナナ型のカステラの中には、ほんのりバナナの香りの白餡が入っています。
20060611001600.jpg

庶民にはバナナが高級品だった昭和の始め、手軽にバナナの味を・・・
ということで2代目のご主人が考案されたとのこと。
いまやコンビニでもスタバでも、1本から気軽にバナナが手に入る時代、
「え~?これがバナナ?」と思うかもしれませんが、
周りのカステラがまたノスタルジックでいいでしょ?
しかも、腹持ちもいいです。
遠足のオヤツにもグー。・・・じゃなくて

このお店、店名のとおり看板商品は、釣鐘の形をした饅頭、最中、せんべいのようです。
四天王寺の大梵鐘奉納記念に作られた饅頭だそうです。
由緒正しき店なのですね!
20060610235513.jpg
パッケージはこんなかんじ

ちなみに、なぜバナナなのに芭蕉なのか?!
たぶん、バナナがバショウ科の植物だからでしょう。
和菓子屋さんなので和風に?
なお、芭蕉=バナナではありません。
芭蕉からは、芭蕉布という、大変高価な織物が出来ます。
(和菓子以外にもためになるブログを目指すのだ!)

釣鐘屋本舗:大阪市浪速区恵美須東1-7-11
    0120-06-0212
    http://tsuriganeyahonpo.co.jp/    
    あの通天閣前にも支店あり!
    あと、ほぼ全国の三越で扱っているかもしれません。
    お近くの三越で覗いてみて!





スポンサーサイト

テーマ:和菓子 - ジャンル:グルメ

【 2006/06/10 23:41 】

近畿(京都以外) | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<金魚のお菓子・その1 (京都・幸楽屋、松彌) | ホーム | 初夏の夏みかんの和菓子(京都・老松の夏柑糖)>>
コメント
--- ---

このお菓子とは全く関係ないのです(^^;、関東には夜店で“りんごあめ”ってありますか?「“あんずあめ”のこと?」とのコメントをいただいたんです。関西では逆にその“あんずあめ”って見たことないんですよね。

疑問に思ったので、関東・関西両方にお住まいのきなこさんにお聞きしようと思いまして。
けん * URL [編集] 【 2006/06/18 10:17 】
--- けんさんへ ---

まずは・・お役に立てなくてごめんなさい!
<(_ _)>
あの手のお菓子は、歯にくっつきそうで一度も食べたことないし、子供の時も食べようとも思ったこともないのです・・・。
でも、関東でも、あと、盛岡(岩手)にいた時でも、りんごあめ、あんずあめ、両方あって、別々のものだったはず・・・。
こんな程度ですいません。(>_<)
きなこ * URL [編集] 【 2006/06/18 12:06 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://azukina.blog44.fc2.com/tb.php/42-00636de5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。