FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
小鯛焼 (大阪八尾市・桃林堂)
東京には有名な鯛焼きやさんが何軒かありますが、
ここの鯛焼きはちょっと他のと違います。
サイズが・・・。
20060723015846.jpg

体長約8㎝
すいません。身近にクラックスケールしか・・・


名前が「小鯛焼」というくらいですから。
鯛焼き、というより、鯛焼きの形をしたお菓子。
なので、作り方も普通の鯛焼きとは違うので上生菓子の感覚でいただくのでしょう。
二個入り化粧箱入りは箱代100円くらいで483円
20060719143522.jpg

20060719143536.jpg
5個入りとかは、籠にも入れてくれて、手みやげにピッタリ

ちなみに、このお店『桃林堂』さんは、実は本店は大阪府八尾市にあるのですが、
ずーっと東京が本店かと思っていたほど、東京の上野桜木店(東京芸大裏)が有名です。
昔役者さんが住んでいたという大正時代の木造2階建ては、情緒のある建物で、店先には柳と前栽があり、店内には小川が流れています。
その中で立礼でお抹茶とお菓子もいただけます。
20060723020317.jpg



ちなみに、何年か前仕事で大阪府八尾市を通過することがあって、
桃林堂の本店があるのをハッと思い出して、
「桃林堂の本店があるんじゃ~っ。寄ってくれ~」
公私混同して寄ってきました。(なんてヤツ)
周りに車を止めるところもなく、慌ただしく買い物アンド携帯で外観を1枚だけ取ってきましたが、ここも東京店とは趣が違いますが、古い茅葺きの建物で、もっとゆっくりと来たかったお店です。
20060719142355.jpg
250年前の茅葺き民家

なお、『桃林堂』さんは、小鯛焼意外にも、小さなカワイイ生水羊羹や、「五智菓」(ごぼう、セロリ、いちじく、オレンジ、にんじん、ナスなどの砂糖漬け)など有名な和菓子がたくさんです。
また、表参道にも支店があります。
(こちらは、小さいギャラリーもあり、この日は涼しげなガラス細工とか売ってました)

桃林堂東京店:東京都台東区上野桜木1-5-7
    03-3828-9826
    9:00~17:00 無休

☆営業時間などは念のため電話かHPで確認していってくださいね!
☆住所は東京ですが、本店が大阪なので、カテゴリーは大阪に入れました。ややこしくてすいません!


スポンサーサイト

テーマ:お菓子 - ジャンル:グルメ

【 2006/07/23 01:55 】

近畿(京都以外) | コメント(0) | トラックバック(0) |
時には、こんぺいとう (京都・緑寿庵清水)
金平糖って、なんだか可愛らしいけど、
自分でわざわざ買ったことありますか?
私はなかったんですけど、
先日新宿伊勢丹地下の全国銘菓コーナーでこれをみつけた時は、
思わず買ってしまいました。
人生、初体験です。(大げさ?)
バニラ味の金平糖と金平糖ケース

京都の『緑寿庵清水』の金平糖です。
どちらかというと、ケースが欲しくて・・・・。

たしか、以前、けんさんのブログで、
ここの金平糖ケースというのがあると聞いて
ケース好きの私としては、今度行ったら是非GETだぜ!
と思っていたので。
金平糖の方は、「バニラ」味が1個しかなく、それも購入。
ケースに入れたとこ
おじいちゃんが昔こんな仁丹ケース使ってたなぁ・・・
ここの金平糖、昨年の紀宮さまご成婚の時の引き出物に使われ、
一躍有名になりましたよね。
あと、ヤワラちゃん(田村亮子ちゃん)の時も使われていました。
実は、弘化4年創業で、元々有名な老舗です。

日本で唯一の金平糖専門店で、50種類以上の金平糖(←CLICK!)があるそうです。
りんご、めろん、パイン、イチゴ、みかん、バナナ、サイダー、濃茶、しょうが・・・
季節がわりでは(←CLICK!)、ラ・フランス、トマト、ヨーグルトなどもあるそうで。
あとは、究極の金平糖(←CLICK!)として、バレンタイン限定のチョコレートの金平糖や、
梅酒、日本酒などの大人向けから、
これは本命用でしょうか、ボンボニエール風グラス入り3,360円という高級ブランデーの金平糖もあるそうですよ。(ヘネシーを20本以上使用)

さて、私はというと、
今のバニラ味の金平糖が切れたら、たぶん粒ガム入れになるでしょう。
ちょうど今使ってるのが、ボロボロになってきたので・・・。
でも、ここの金平糖なら、みかけたら買っちゃうかな・・・
今粒ガム入れに使ってるタブレットケース
ガム入れに使用中のタブレットケース。ちょっとぼろぼろ・・・

緑寿庵清水:京都市左京区吉田泉殿町38番地の2
    075-771-0755
    冬期  10:00~17:00(10月~2月)
    夏期  10:00~17:00(3月~9月)
    定休日:水曜

テーマ:和菓子 - ジャンル:グルメ

【 2006/07/04 22:59 】

京都 | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。