FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
酒ケーキ (岩手県盛岡市、石鳥谷町・みちのく創彩菓子 砂田屋)
あずきです。
日本酒の香りの大人的スイーツである
砂田屋の看板菓子「酒ケーキ」をご紹介します。

20060329130550.jpg

越後、丹波と並ぶ日本三大杜氏の一つである南部杜氏は、
酒の町石鳥谷で生まれました。

このケーキは、「七福神」と、「南部関」という
2銘柄の酒を使っています。
中の金色の紙を開くと、純白のカステラに
「酒CAKE」の文字が姿を現します。

20060329132747.jpg

食べてみると、しっとりした味わい。
ブランデーケーキの日本酒版という感じですが
ブランデーケーキより、もっと柔らかくしっとりとして、
口の中で崩れる感じです。
しっとりふわりという感じ。

甘さは控えめで、冷蔵庫で冷やして食べると更においしいです。

芳醇な酒の味の秘密は
その作り方にありそうです。
20060329134319.jpg

カステラ生地が白いわけは、
卵黄が入っていないからでしょうか。
そのカステラが焼き上がると、
酒シロップを刷毛で塗り、
冷めてから更に塗ります。
その後は4,5日寝かせて熟成します。
これにより、
中まで均等にお酒を含むわけです。

この酒ケーキ、
著名人も絶賛しています。
例えば、岩手の作家高橋克彦さん。
内容は、次の通り。
20060329135640.jpg

(クリックしてお読みください。
それから片岡鶴太郎さんは、
「はなまるマーケット」の「朝のおめざ」で
紹介してくださいました。


高橋克彦
  岩手生まれで岩手在住の作家。東北地方にこだわり、舞台にする事が多い。江戸川乱歩賞や、直木賞(「緋い記憶」)等、著名な賞を受賞している。NHK大河ドラマの放送原作も執筆した。(「炎立つ」等)。
片岡鶴太郎
  タレント。東京出身。役者としても活躍している他、画家としても有名。群馬や福島等に美術館があり、日本各地やパリで個展を開いている。現在は、幅広いアートに意欲をみせている。
スポンサーサイト
【 2006/03/29 14:38 】

岩手・もりおか | コメント(21) | トラックバック(0) |
ブラウニー (岩手県盛岡市・創彩菓子 砂田屋) 
あずきです。
14日はホワイトデーでしたので
だんなが、いかにもあずき好みの
お菓子を買って来てくれました。
20060316153619.jpg

ここのお店は、
お菓子の種類が
とても豊富なお店なのですが、
例えば焼き菓子1つとってみても
色々なものがあります。
その中でこの「ブラウニー」は、
本格派のチョコレートを
贅沢に使って焼きあげたもの。
そして中には
胡桃がたーくさん
入ってるんです。
20060316154531.jpg

すごく好みのお菓子でした。
【 2006/03/16 15:50 】

岩手・もりおか | コメント(0) | トラックバック(2) |
焼プリン大福(岩手県花巻市・案山子)
あずきです。
この「案山子」というお店は産直です。
そこで出しているお菓子ですから
農家の方の手作り品です。
この「焼プリン大福」
あまりにおいしいので
全国にもその名が知れ渡り
「案山子」の人気商品になっています。
わざわざ新幹線で
買いに来る人もいるとか。
この「焼きプリン大福」は、
その名の通り、
大福にプリンが入っています。
手作りの焼きプリン大福と
ホイップクリームと
大福が絶品です。
切る前は普通の大福ですが
切ってみると、
PIC_0003.jpg

右の黄色いのが「焼プリン大福」で
左側の緑のは「抹茶ババロア大福」。
これもすごくおいしい!
その他に「生いちご大福」と
20060309202324.jpg

「カフェプリン大福」などがあります。
20060309202550.jpg

どれをとっても
すごくおいしい!

でもこれってどうやって
作るんでしょうね。
やっぱりあらかじめプリンを
冷凍してから作るんだろうな・・・。

テーマ:和菓子 - ジャンル:グルメ

【 2006/03/09 20:31 】

岩手・もりおか | コメント(2) | トラックバック(0) |
東雲 (岩手県岩手町・丸中)
あずきです。
20060301111223.jpg

平和な朝の空をイメージしたという
このお菓子は、
胡桃と胡麻がたっぷり入った
あずき好みのお菓子。
胡桃は雲を表し、
胡麻は空を飛んでいる小鳥を表します。
うるち米を主原料に
胡桃と胡麻を練り合わせたもので
噛めば噛む程味わいのあるお菓子です。
20060301112356.jpg


尚、これは「いわて銀河プラザ」(東京銀座)でも
売っているので食べてみたい方は是非どうぞ!

さて、数年前、このお菓子に
すっかりはまったあずきは
とうとう自分で作った事があります。
結果は・・・超・超・おいしかったでーす!

東雲レシピ
材料
1.みじん粉 100g
  上南粉 50g
2,胡桃と胡麻 適宜
3,砂糖 150g
  塩 少々
  湯 100cc
  水飴 大さじ2杯
作り方
ボールに1を入れ混ぜる。
3を鍋で煮る。
3を1に入れ混ぜる。
最後に2を入れて
形作ってできあがり!
画像がなくてすみません。
また作ったら入れておきますね。

テーマ:和菓子 - ジャンル:グルメ

【 2006/03/01 12:45 】

岩手・もりおか | コメント(5) | トラックバック(0) |
栗餡たっぷり、中松屋の栗羊羹 (岩泉・中松屋)
こんばんわ! きなこです!
今日は、美味しい栗羊羹をご紹介します。
岩手県岩泉町にある栗菓子が特徴的な中松屋さんの
『饗(あえ)の山』です。
20060226005715.jpg

栗羊羹というと、羊羹に栗の甘露煮がゴロゴロ・・・というのを想像しますが、ここのはちょっと違います。
中は栗餡がたっぷり。
★これが切り口 (写真がヘタですいません
20060226005731.jpg


この栗餡は、この店の『栗しぼり』みたいな(栗しぼりを知らない方は、中津川の「すや」の栗きんとんをご想像下さい)もので、密漬けの栗ではなく、生栗を蒸してほぐして、少しの砂糖を加えているだけなので、栗の自然な甘みがします。
外側は、ふつうの羊羹より柔らかめ、どちらかというと水ようかんみたい。それもそのはず、ふつうより目の細かいもので餡を漉しているそうです。

羊羹も栗餡も甘さ控えめなので、いくらでも食べられてしまいます!
しかも、このタイプのお菓子にしては驚きの日持ちのよさ。(冷蔵して2~3週間)
地方発送もしていますので、是非おためし下さい。

中松屋:岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字下宿37
    0194-22-3225




テーマ:和菓子 - ジャンル:グルメ

【 2006/02/26 01:07 】

岩手・もりおか | コメント(1) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。