FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
勅題の和菓子 (世田谷区・東宮)
新しい年になったのに、いつまでもクリスマス和菓子ですいませんでした。
今年は、もうちょっと頑張って更新しますので、遊びに来てくださいませ。
そして、いつの間にかこのブログを開設して1年がたち、
10000人突破!
こんな更新の遅いブログなのに、有り難うございます。
今後とも、宜しくお願い致します。

さて、今日は、「歌会始め」でしたね。

今年の勅題は「月」

おなじみ。きなこの住む町にある老舗和菓子屋さん東宮さんでは、
毎年勅題に因んだ上生が作られます。
今年はこれ。

月の雫
20070115200915.jpg

中は私の大好きな黄味餡♪
表面に氷餅がちりばめられていて、
寒い冬の冴え渡った夜空に輝く満月・・・といった趣きです。




因みに、去年の勅題は『笑み』
私の下手な写真ではよくわかりませんが、
お多福さんみたいな顔の頬がほんのりピンク色のカワイイ薯蕷(じょうよ)饅頭でしたね。
P1010656.jpg

スポンサーサイト

テーマ:和菓子 - ジャンル:グルメ

【 2007/01/15 19:58 】

 東宮 | コメント(7) | トラックバック(0) |
椿餅 (世田谷区・東宮)
きなこです。
以前”勅題饅頭”をご紹介した世田谷区千歳船橋の『東宮』さんで、
この季節の和菓子”椿餅”を買ってきました。
20060209191736.jpg

実は、比較的最近まで、この”椿餅”って知らなかったんですが、源氏物語や宇津保物語にも名前が出てくる、古くからの和菓子なんだそうです。その歴史は、桜餅や柏餅よりも古いそうですよ。
この椿餅、基本形は椿の葉二枚で餅を挟んであるのですが、
お店によって中のお餅はさまざまのようです。
手元にある本を見ただけでも、
名古屋の川口屋さんは”白いういろう餅に葛を着せ、漉し餡(こしあん)を包んだもの”、
虎屋さん、鶴屋八幡さんはどちらも道明寺粉で餡を包んでいるけど、
虎屋さんのは肉桂を混ぜてあるので色は黒っぽく、
鶴屋八幡さんは白、そして、
東宮さんのはピンクの道明寺でした。

これもお店によって違うようですが、
売り出す季節は、秋から冬にかけてのようです。
おおむね、椿の花期に合わせて・・・ということでしょうか。
東宮さんでは、去年はひな祭りのお菓子と一緒に買ったような気がするので、2~3月くらいかも知れません。
私の中では、冬の中にも、ちょっとだけ春の兆しを感じる季節の和菓子というイメージです。

テーマ:和菓子 - ジャンル:グルメ

【 2006/02/09 19:15 】

 東宮 | コメント(0) | トラックバック(0) |
いい笑顔でしょ♪(世田谷区・東宮)
きなこですー。
P1010656.jpg

昨晩極寒の盛岡から戻り、今日は一日家事にいそしみました。
今日は暖かかったなー。
一日どこにも出かけなかったので、夕方買出しのついでに近所の和菓子やさんへ。

きなこの住む町には、東宮さんという和菓子やさんがあります。
季節の上生菓子が綺麗で、いつも楽しみで、月に1回はお店を覘きます。
今は松の内なので、お正月らしい上生が並んでいました。
目と心を引かれたのは、写真の勅題饅頭『笑み』
そう、今年の歌会始の勅題『笑み』を象った薯蕷(じょうよ)饅頭なんですね。
私の下手な写真ではよくわかりませんが、お多福さんみたいな顔の頬がほんのりピンク色なんですよ。

今日は一日眉間にシワだったのですが、このお饅頭食べて少し”もらい笑み”出来たかな・・・。


テーマ:和菓子 - ジャンル:グルメ

【 2006/01/15 23:04 】

 東宮 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。