FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
ころころ野うさぎ (大分県別府市・(有)どんど焼本舗)
うさぎを飼っているため、うさぎを象ったお菓子をよくいただくようになりました。
で、「うさぎのお菓子」というカテゴリを作ったのに、
すっかりサボっておりました・・・

ひさびさ、「うさぎのお菓子」カテゴリ、更新です。


                     *******


九州・湯布院のお土産でいただいた、ころころ野うさぎ

ころころ野うさぎ①

サブタイトル?は、「湯布院チーズ饅頭」とあり、
中には、濃厚タイプのチーズが入っています。

ころころ野うさぎ②

このま~るい形が、「ころころ野うさぎ」なんですかね。
うちのも、ころころしてます(特におしりが)が、
うさぎの、ま~るいシッポ、という感じかなぁ?

このチーズの感じも好みのタイプだったのですが、
皮(たぶん)にほんのり感じる塩味が効いていて、美味しかったです!

ころころ野うさぎ③

(有)どんど焼本舗
  通販はこちら→http://www.oita-tabito.jp/SHOP/2-4936347002611.html

<原材料>
小麦粉・砂糖・全卵・マーガリン・トレハロース・アーモンドプードル・ショートニング
蜂蜜・チーズ・ベーキングパウダー・香料・食用植物油脂・デキストリン・澱粉・脱脂粉乳
ゼラチン・食塩・乳蛋白・酢酸(Na)・チーズ加工品・ph調製剤・リン酸(Na)
(原材料の一部に大豆・乳を含む)





スポンサーサイト

テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

【 2010/11/22 12:27 】

九州・沖縄 | コメント(0) | トラックバック(0) |
鹿児島の 「けせん団子」 (鹿児島県鹿屋市・富久屋)
こんにちわ、きなこです!
新宿・京王百貨店でやっていた鹿児島の催事で、
「やっぱり、鹿児島といえば、”かるかん”だよねー」
とのぞいたお店で、ちょっとめずらしいお菓子をみつけたので、ご紹介します。
鹿児島県鹿屋市の「富久屋」の”けせん団子”というお菓子です。
20060324155551.jpg

ちょっとこの辺では見かけない葉っぱに、黒いお餅が挟まれてます。
お店の方が、「ニッキが入ってるんですよ!」 と、おっしゃったので、
「ああ、この葉は肉桂なのか・・・」と納得して帰って来たのですが、
実は肉桂(要するにシナモン)は、団子(小豆餡+自然薯+米粉+大手芒+よもぎ+わらび粉+黒糖+肉桂)の中に入ってるらしく、
餅を挟んでいる葉が、「けせん」という葉のようです。

この「けせん」という植物は、日本でも鹿児島、沖縄でしか育たない南国の木なのだそうです。
どおりで、見たことないやね~。
実は、このお菓子、検索してもあまり情報を得られなかったのですが、たぶん、鹿児島の和菓子屋さんでは、何軒かで作られているみたいです。
ここ「富久屋」さんのオリジナルなとこは、「寿鶴」という、鹿児島・垂水温泉の深層水を使っていること!
かるかんにも使用しているようですが、和菓子に温泉水とは・・・
こだわりってヤツですか?
残念ながら私の味覚では、そこまで感じ取れませんでしたが。
20060324155559.jpg

ええと、1個食べちゃった後の写真で、たしか六個入り。
シナモンの香りがします。甘過ぎなくて、日本酒とかにも合いそう?!

富久屋:鹿児島県鹿屋市本町4-13
0994-43-1211

テーマ:和菓子 - ジャンル:グルメ

【 2006/03/24 15:44 】

九州・沖縄 | コメント(6) | トラックバック(0) |
ぷりんどら (大分県湯布院・花麹菊家) 
あずきです。
20060323155130.jpg

前回、プリンが大福の中に入っている
お菓子を紹介しましたが、
今回は、どら焼きの中に
プリンが入っているというお菓子を
デパ催事で発見し、
興味津々で買って帰りました。
その名の通り
どら焼きの餡の代わりに
プリンをはさんでいるものです。
中のプリンは、
柔らかい普通のプリンで
サンドイッチ状態なのに
形が崩れてないのが不思議です。
でもプリンの高さはさすがに
通常のプリンよりは低め。
味の方は、香ばしいどら焼きの皮に
ほろ苦いキャラメルソース付プリンが絶妙でした!

20060323160314.jpg

テーマ:和菓子 - ジャンル:グルメ

【 2006/03/23 16:09 】

九州・沖縄 | コメント(0) | トラックバック(0) |
柚子のお菓子・二題 (大分・喜久)
きなこでーす。
大分からの到来物のご紹介です。
実は、私きなこのリクエストは、ゆずの皮を砂糖で練った
柚子練り だったのですが、
空港になかったとのことで、
その柚子練りを薄い麩焼きせんべいに挟んだ
深山”(大分県の喜久という和菓子屋さん)
がやってきました。
20060213001432.jpg


実は、このお菓子は以前食べたことがあったのですが、
すごく上品なお菓子で、もちろんとても美味しいのですが、
柚子好きの私としては、
「この煎餅に挟まっている柚子練りをもっと思いっきり食べた~い!」
というわけで、柚子練りのリクエストとなったわけです。

柚子練りが来たら、お茶に入れて”柚子茶”にしたり、
お湯で溶いて”ホット柚子”にしたり、
あ、パンに塗ってもいいかな~
などと、妄想していたのですが、また次の機会まで待つか、お取り寄せするか。
(基本的に、きなこはあまりお取り寄せはしません。自分で買いに行ったり、おみやげでもらった方がわくわくするし、お店の趣とかって重要だから。・・・あくまで原則として、ですが)

そして、もう一品。
柚子の皮をたっぷり混ぜ込んだ求肥の”花ゆず
大好きな和三盆糖をまぶしてあって、これも上品でさわやかなお味です。
20060213002241.jpg

20060213001825.jpg
パッケージもかわいい

テーマ:和菓子 - ジャンル:グルメ

【 2006/02/13 00:21 】

九州・沖縄 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。